prowind023

山形にゆかりのあるプロの音楽家たちの吹奏楽演奏会


大井剛史


大井剛史写真

1974年生まれ。17歳より指揮法を松尾葉子氏に師事。
東京芸術大学指揮科を卒業後、99年同大学院指揮専攻修了。故若杉弘、故岩城宏之の各氏に指導を受ける。96年安宅賞受賞。
スイス、イタリア各地の夏期講習会においてレヴァイン、マズア、ジェルメッティ、カラプチェフスキーの各氏に指導を受ける。
2000 年~2001年、仙台フィルハーモニー管弦楽団副指揮者。2007年~2009年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団にて研修。
2008年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで第2位入賞。
現在ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉常任指揮者、山形交響楽団正指揮者、東京佼成ウインドオーケストラの正指揮者を務める。ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉とは、2013年よりベートーヴェン交響曲チクルスシリーズを行い、注目を集めている。(2015年秋に最終回を迎える予定。)
このほか読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団をはじめ国内主要オーケストラを指揮し、幅広いレパートリーとその誠実な指揮でいずれも高い評価を得ている。東京フィルハーモニー交響楽団とは、2012年よりチャイコフスキーの交響曲チクルスを行い、好評を博した。

オペラの分野では、在学中より新国立劇場、東京二期会などのオペラ公演で副指揮者を務め、2002年「ペレアスとメリザンド」(ドビュッシー)を指揮しデビュー、以降多くのオペラ作品を指揮するほか、ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」 (バーンスタイン) も指揮。バレエの分野では「ロメオとジュリエット」(プロコフィエフ)などで新国立劇場バレエ団の公演を度々指揮、国内を代表するバレエ団やダンサーが一堂に会した「NHKバレエの饗宴」でも指揮を務めた。さらに、小松原庸子スペイン舞踊団や、野村萬斎、花柳壽輔、井上八千代といった日本舞踊界の名手たちと共演するなど、幅広い舞台芸術分野で活躍している。
尚美ミュージックカレッジ専門学校客員教授。

Webページ